スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タバコ狩り


タバコ狩り


著者: 室井尚
出版社: 平凡社
ISBN 9784582854688
発売日:2009-06-01
新書 
714 円


ワイネフさんのブログ「室井尚『タバコ狩り』に、がっかり…」で
かなり詳細に酷評されていますので、内容の議論論議については
そちらの方面でひとつお願いしたいと思います・・・

私にとっては「 「タバコは百害あって一利なし」のウソ 」以来の、
久しぶりの喫煙擁護本だったので非常に期待していたのですが、
書かれていることはこれまでの一連の喫煙擁護の論法と大差なく、
自由と権利にもとづく反嫌煙という立場を基本とした内容です。
また全体を通じて「たばこは嗜好品」を貫いているのも特徴です。

嫌煙の親玉をWHOと定義したところは今風でよかったのですが、
理論によって理論を論破していくような、そういうややこしい話ばかりです。

ほとんどパラパラ斜め読み


大学でものを教えるようなインテリにたばこについて語らせると、
どうしてこうも物事の本質をうまい具合に外してくるのか、
本当に毎回理解に苦しみます。


P.180 「タバコを愛し、健康には十分に留意しながら、
その習慣を自己責任で続けていくことを願う私たちは、これからも、
嫌いな人の迷惑にはならないようにして、タバコを吸い続けていきましょう。」

とあります。
こういう事を言ったりやったりされるのが非喫煙者には迷惑なのですが、
やっぱりそれが「迷惑なことに該当するとは思っていない」ようです。


この本の一番よくないと感じたところ、それは、
諸所の話や問題がすべて他人のせいになっていて、
著者がちっともこの問題にまともに向き合っていないところ。

願ったり考えたりするのは勝手にしていて構わないと思いますが、
「本気でこの問題を解決したいと思わないならよけいなこと言うな」
と言いたくなる内容でした。
その肝心の内容はほとんど覚えていませんが・・・


「文化や価値観などどうでもいい。私は、私の愛する人と、
私の子供たちを守りたい。」

この想いに正面からぶつかってこれる考え方でなくては、
喫煙擁護論も今やなかなか、人の心に届きにくいのではないでしょうか。

読売新聞の記事に本書の紹介がされていました。


著者来店
「タバコ狩り」 室井 尚さん
異分子排除に異議


 「たばこは確かに体に悪いのでしょう。でも、それは一つの文化でもあるのだから」。例えば、分煙などのマナーで吸う人、吸わない人が共存していくことも可能ではないか、と考えている。もちろん時代の流れが不利なのは重々承知。覚悟の上の出版である。


いまや「分煙などのマナーで吸う人、吸わない人が共存していくことも可能」と考えているのは喫煙者だけだということに、気が付いていないということは無いとは思いますが、さてどうでしょう。「共存」って共に生きていくことであって、タバコで死ぬことじゃないと思いますし。

日本パイプクラブ 「書評「タバコ狩り」 (平凡社新書、室井 尚著)」でも扱っています。
愛煙家必読の書としてお奨めすると同時に、無邪気な善意に満ち溢れた健康至上主義の嫌煙Claimer諸氏にも警醒の書として一読を薦めたい。「あなた方の運動の本質はそういうものなのですよ」と判って貰う為に。


喫煙擁護の本が出版されると、なんだかいつものメンバーがいつもの話をしだすのが、
なんだかちょっとこっけいに思えてくる今日この頃です。

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. 2009/07/23(木) 00:48:04|
  2. タバコと禁煙の本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

<<禁煙1年~1年半目あたりの禁煙のコツ(?) | ホーム | 離煙ガイドブック>>

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバック URL
http://smokefree2008.blog49.fc2.com/tb.php/85-1d1cbe43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。