スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タバコを吸える事に感謝し、吸えない事に感謝する

私もあと2ヶ月ちょっとで禁煙から1年が経過します。

1年経過で特別に何かするつもりはありませんが、
禁煙外来に通った経緯がありますので、お世話になった先生に、
何かご報告したほうがいいかもしれない、と思いました。
物を贈るつもりはないですが、感謝の気持ちは伝えたいと思っています。


最近はたばこの依存性についてよく知られ、昔ほどは言われなくなりましたが、
やはり日本人の心の奥のには、

「たばこを吸うのも吸わないのも、最後は自己責任」

と確かに思っているフシがあります。

日本の禁煙指導が遅々としているのも、このあたりの根深い思考的習慣が
残っているのも、ある一因になっているような気がします。


だから、
「たばこを吸うときも、やめるときも、感謝が足りない」
と、私自身、すごく反省しました。

日本人はご飯をいただくときはちゃんと「いただきます」といいますでしょう。
生きるため、生かされるため、すべてのことがらに感謝する、謙虚な心と教育が、
日本には確かにあったはずです。


たばこを「いただきます」となぜ言わないのか

一時の快楽のために国民の生産力をただの灰と化し、
人が見ていなければそこいらに捨て、
金(税金を含む)を払っているのだから吸うのは当然だと、

そこにはいただきますの概念すらまったく見ることができません。

たばこを作る人がいて、喫煙所を占有し、禁煙に導いてくれる人や社会もあれば、
大切な人を苦しめ続けている人もいる。
たばこを吸うこと、吸えること、やめること、やめられることのすべては、
あなた一人だけでできることでは決してないはずなのです。
それが、「いただきます」の精神なのではないでしょうか。


そのことと、先に述べた自己責任と、どういう関連があるのかといえば、
「たばこは自己責任だけでは吸えないし、やめることができない」
ということを、少しだけでも意識すべきなのだと思うのです。

タバコが吸えるのは、あなたのおかげ、
タバコをやめられたのは、あなたのおかげ、

と素直に言えるようになるのではないか、と思ったのです。
日々感謝し、感謝されるよう精進したいと思います。

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. 2009/04/10(金) 18:10:18|
  2. 禁煙は愛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

<<世界禁煙デー(5月31日)今年のテーマ | ホーム | 禁煙に失敗しているブログはたいへん貴重なのです>>

コメント

誰の資金源・・・?

何か大事な事を見落としていらっしゃいませんか?

感情論もするなとは申しませんが
その前に、体に悪いと解かり切っているタバコを
体に悪い事を知っていて、売っているのは
日本という「国家」の直営企業だという事を
誰も、何故とがめようとはしないのでしょうか?

気分を落ち着かせる…気持ちが安らぐ
などの効果があるが、強い中毒性があり、
強力な発がん性物質を含んでいる…なんて
まるで麻薬のような毒物を
政府が認可して、しかも独占販売してるわけですよ。

これって、アスベストによる癌
イタイイタイ病、薬害エイズよりタチの悪い
「国家的犯罪」行為かも知れないと
そう遠くない将来、訴訟問題化するかも?
…そうなったら面白いですね。

また喫煙に夜「癌患者の増加」は
ただでさえパンクしている医療機関に
さらに多大な負担を加えることにもなる。

タバコを販売した過去は問わない…としても
少なくとも1年程度の猶予期間を置いて
1年後にタバコの販売廃止と輸入禁止措置を講じ
世界に先駆けて、禁煙立国を目指す
なんてのはどうだろう?

もちろん、それ以降タバコを吸うことは厳罰。
密輸販売したものは、死刑を含む重罪なのはいうまでもない。

悪名高き「禁酒法」は愚かな法律だったが
「禁煙法」に関しては、あながち愚かとも思わないがいかがなものだろう?
なお、伝統文化としての「アメリカ先住民族の喫煙儀式」は
例外とみなす事は言うまでもない。
私たちは、自分たちがクジラを食べないからと、
クジラを食べる人種を野蛮人扱いする、どこぞに野蛮人ではない。
・・・と思うのだが、いかがなものだろう?
  1. 2009/04/14(火) 01:30:36 |
  2. URL |
  3. 癌ダム4D #-
  4. [ 編集 ]

Re: 誰の資金源・・・?

禁煙立国というのは新しいですね。
なんというか、国民のお肌がつやつやしてそうでいいですね(笑)

国やタバコメーカに対する訴訟については、

アメリカ・たばこ訴訟の裏側
http://tanakanews.com/991006tabacco.htm
がわかりやすい記事でよいかと思います。
1999年なのでちょっと古いんですけど、、、
訴訟でははっきり白黒をつけられないようですね。

・・・いや、本当はみんな、わかっていはいるが、
大人の事情でそういうおとしどころにしている、ということなのでしょうか。


ヨーロッパ、アメリカ、そしてアジアと、タバコの問題というのは、
日本だけではなくて全人類すべての課題だったわけで、
そして今日までその宿題をずっとずっと残してきてしまったのだと思います。


訴訟ではなぜ、事実上の敗訴になるのか。
国やタバコ産業は、なぜ、過ちを認めないのか。

過去に禁煙政策を採った国家もあれどことごとく失敗し、
------------------------------------------------------
徳川幕府とたばこの関係(JT)
http://www.jti.co.jp/sstyle/trivia/study/history/japan/02_1.html
------------------------------------------------------

独裁者ヒトラーですら禁煙を徹底できなかった、
------------------------------------------------------
「禁煙運動始めたのはヒトラー」 中日新聞コラムに意外な激励
http://www.j-cast.com/2007/05/11007532.html
------------------------------------------------------

そんな問題ですから、我が島国日本国では、とてもそんな責任なんて、
負いきれないんだと思って、もう今からあきらめています。
本当はあきらめちゃいけないんでしょうけど。

国というのは(民主主義国家ですから)すなわち私たちであり、
私たちがすべからく(少なくとも多数が)、

「あれ(たばこ)は、本当に、間違いだった」
と涙と鼻水をたらして本当に過ちを認め、反省し、
罪を償うつもりにならなければ、国として責任を負うことが
できないのだと思っています。

かの国が過去に戦争に負けたときのように・・・


ちなみに、ブータンという国は2004年に禁煙国家になったそうです。
------------------------------------------
ブータンが世界初の「禁煙国家」に。
http://www.narinari.com/Nd/2004113635.html
------------------------------------------

非喫煙者も喫煙者も、もっとタバコについて意識を高め、
これまで人類がやり残してきた宿題を、やっと片付ける気になれば、
できないことはないと思います。

私はもうタバコはこりごりなんですけど、
子供たちは好奇心旺盛なんで、これを説得するのはなかなか難しいですねぇ・・・
  1. 2009/04/15(水) 02:04:33 |
  2. URL |
  3. smokefree #-
  4. [ 編集 ]

別に議論を吹っかけるつもりなどないのですが妙にマジになってゴメンナサイ。
ただ喫煙がもとで発症した「癌患者の視点」としては、こんな辛い病気になど、
もう誰もなって欲しくはない。
明るく元気に書いてはいますが、本当は死んだほうがマシなくらい辛い病気です。

そして日本人の2人に1人が癌に掛かり、3人に1人が癌で死ぬ時代。
喫煙者の発ガン率がほぼ100%であることを信じようとしないのは
当の喫煙者だけだ・・・という事もそろそろ自覚しないといけないし
タバコのパッケージの文言も、そろそろ以下のように書き換える必要があると思います。

「このタバコは○○ミリグラムの発がん性物質を含有しています。
吸い続けると100%体のどこかに癌が発症しますが、
強い禁断症状をともなう強力な中毒性を有するため、禁煙は極めて困難です」
この案、いかがでしょうか?
  1. 2009/04/16(木) 03:45:43 |
  2. URL |
  3. 癌ダム4D #-
  4. [ 編集 ]

理屈っぽい割に支離滅裂な文章をわざわざ読んで頂いて、
さらにコメントまで頂けると、なんとなく申し訳ない気がして、
ついつい長くなってしまいました。

「自己責任」の言葉について、
釈迦並みに解釈を広げすぎたのが敗因です(w


おっしゃることはなんとなく、わかる気がします。
大切な人が隣でのんきにタバコを吸っていたら、
本当ならぶん殴ってでもタバコを取りあげてやりたいのですし、
タバコの害について本当に嫌になるくらいに(ショッキングな方法で)
伝えてやりたい、そんな風にも考えるものだと思います。

だから、禁煙ファシズムのような考え方や、
癌ダムさんのおっしゃられるような、より強力な手段は、
本当は、大切なあなたを守りたい、
大切なあなたを守るために自分を大切にしたい、
という愛あるところから生まれる正義なのだと、
私も思うのです。

しかし、なかなかそれは理解されていないのです。
(=少数派なのです)

タバコの税率アップが先送りされた件も、
根底は近すぎず遠からずなのだと思います。

(まだ)病気になっていない多数の人が、
少数派の意見だと思ってなめきってて、
面倒なことを先送りにしているだけなんだと思います。

本当に辛いことは、
やはり経験している本人にしか十分わからない、
という悲しい現実もこれを助長しているような気もします。


男なら殴り合って(少し)分かり合えるんですが、
なかなかそういうドラスティックなたばこ対策が現れないのは、
自らこぶしを突き出す漢がいないのも一因かもしれませんね。
(どこぞの知事では役不足ということでしょうか・・・)
  1. 2009/04/17(金) 01:14:49 |
  2. URL |
  3. smokefree #-
  4. [ 編集 ]

空気を吸うのにもいただきますって言ってれば?
辞めたとたんに嫌煙家きどりやがって

更正したやくざ、ヤンキー、犯罪者と一緒なんだよ、前科は消せない

良い人ぶってんじゃねーよ。
  1. 2009/08/20(木) 13:33:45 |
  2. URL |
  3. ぃhdf;亜; #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバック URL
http://smokefree2008.blog49.fc2.com/tb.php/69-9e195298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。