スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

酒・タバコって本当に悪いの?




酒・タバコって本当に悪いの?

 ジャパニーズ・パラドックス
著者: 橋内章
出版社: 真興交易医書出版部
サイズ: 単行本
ページ数: 194p
発行年月: 2005年11月

最近はもっぱら禁煙のための情報ばかり仕入れていたので、
たまには喫煙者の主張も知っておかないとと思い読んでみました。

悪い事もあるけどそれは大したこと無いから、
それほど悪くないっていう主張の本です。
・・・正直なところ、いろいろな意味でひどい本です。

だいたい4分の1ほどがお酒についてで、残りほとんどがタバコについて。

「喫煙は能力を向上させる」と書いてあります。
今健康であるなら、禁煙する必要は無い」と書いてあります。
だから「10代からでも喫煙すべき」とも書いてあります。
根拠などは、作者がいろいろ検索して調べたそうです。

・・・検索して調べたことだけで語られるのは、ひどすぎです。
・・・これはまたどうしたもんだろうと思ってたんですが、
同じ作者で別の本のレビューをかかれている人がいました。

こちらは最近(2008年2月)に出版された新しい本ですが、
「橋内章『タバコは神様の贈り物』 -タバコすえ。」
タバコを吸うと人は有能になるので、タバコは順位闘争に勝ち抜くための必需品である。
タバコが知的能力を高めるのは間違いない。
タバコを吸うのは激しく順位闘争をしている男であり、寿命が短いのは過労で弱るためである。


なんというか、書いてあること、主義主張は一貫して同じようです。
びっくりです。

しかしながら文脈から作者の人柄などを想像するにつれ、少し同情的な気分にもなりました。
「煙草をやめるのは簡単だ」と述べつつ、
「本書の事で色々調べていたら本当にタバコをやめたくなって」、
しかしながら(結局のところ)ずっと今もタバコを吸い続けている、そんな作者。

体に良かろうが悪かろうが、それについて議論しようともしなくとも、
いったん喫煙者となった筆者は、結局のところ今なおたばこを吸い続けている。
この事実こそがタバコの怖さというものなのかもしれません・・・

提示されている議論は根拠に乏しく、科学的にも心情的にも賛同しかねる内容ですが、
仮にそれらが正しかったとしてもこの本が伝えてくれることは、
「たばこは吸ってもいいでしょ」
ということであって、それ以上でもそれ以下でもありません。

しかしながら、主義主張はともかくとして、未成年者に喫煙を薦める内容で
本を出版することは、医者としても社会人としても、無責任すぎると感じます。

P.S
上で紹介したブログで非常にすばらしい見識が述べられています。
>僕の結論としては、タバコはよくないと思う。
>医学博士がこんな本を平気で書いちゃうようになるから。
>でも、タバコよりパンの方が危険なんだよね。


応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. 2008/12/01(月) 12:48:48|
  2. タバコと禁煙の本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

<<こちら禁煙外来 38のちょっといい話 | ホーム | たばこに対する温度差(映画)>>

コメント

はじめまして、気道戦士 癌ダムです。
昨年、喉頭癌ステージ4(末期)が見つかり、声帯を含む気管摘出手術を受けました。

さすがにこの本のようなことはありませんが、私自身「癌」になる前には
同じようなタバコの効用を人にしゃべったり、本に書いたり、講義でしゃべっていたことさえ
ありました。まぁ、うそぶいてる・・・といった程度の逆説とは思いますが、さて。

タバコの害の認識としては、みなさん普通、遠い将来「肺がん」にかかる可能性があるかも?
程度だと思いますが、喉頭癌も結構多いんですよ。

タバコを吸い続けると喉頭癌になるという認識はまだ低いとは思いますが辛い病気です。
禁煙情報の足しになればと、メールしました。
  1. 2008/12/05(金) 03:09:35 |
  2. URL |
  3. 癌ダム4D #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

ブログ拝見させていただいてました。
なにしろすごいお名前ですから、嫌でも目立ってますね(笑)

術後の経過も順調そうでなによりです。
私は十年前に母を乳がんで無くし、
父も数年前に腎癌で、現在療養中です。
二人とも喫煙者でしたが、どちらもタバコとの因果関係は無い、
というのが現代の通説です。
はて、どうでしょうかね・・・

喉頭癌よりも肺がんのほうが話にあがりやすいのは、
肺がん末期に壮絶な苦しみを伴うケースがあることから、
警告として用いられやすいんじゃないかと思います。
ただ結局は、自分が病気になってからでないと、
なかなか本当には理解できないし、
すすんで理解しようとはしない領域なんだと思います。
・・・残念ですが。

肉体的・精神的活力に満ち満ちた若者の気持ちは、
年寄りには理解できないのと一緒なのかもしれません。

私は癌ダムさんや両親の姿をみて、
「タバコをやめれば病気にならない」
という考え方が非常に大事だと、教えて頂いたと思っています。

「タバコをやめたから病気にならなかった!」
あぁ、いい言葉ですね(自画自賛)。


それにしても人類の英知は本当に伊達じゃなくて、
父の腎癌はほんの1年前までは全く治療できない不治の病でしたが、
今では分子標的薬という新薬で、「治る」ようになっています。
実際、父はその新薬でがん細胞の縮小が進んでいます。
(もう治療しなくても寿命まで持つんじゃないかというくらいに小さくなりました)

1年後には、タバコがものすごい毒であることがわかるかもしれないし、
がんも簡単に治ってしまうかもしれません。
ただ、今はまだこういう世の中ですから、
できる限りたばこをなくせるよう、
今、自分にできることをしていきたいです。
  1. 2008/12/06(土) 02:44:05 |
  2. URL |
  3. smokefree #-
  4. [ 編集 ]

丁寧なお返事、ありがとうございます。
タバコを止めたら癌にならないか?と言えば「?」ですが、
タバコを吸ってると癌になりやすいのは事実のようですね(笑)。

私の父も喉頭癌で、最期は肝臓で死にました。
それでも私はタバコを止めなかった訳ですから
タバコという存在は
「カラダに悪いという考えそのものを麻痺させる」
強力な中毒作用があるのかも知れませんね?

さて、喉頭癌ですが
なってみて、一番驚いたのは、
その患者が200万人~500万人もいる事。
マスコミなどに取り上げられる機会も少ないし
てっきりもっとマイナーな癌だと思っていました。

人々の話題に上りにくいのは
転移しにくく、余り「死なない」癌であること
リタイア高齢者が多くて、社会的影響が少ない点
胸をえぐられた女性の話には、胸をえぐられても
口うるさい爺さまが静かになったや返ってうれしい?
・・・なんてこともないでしょうが

情報が少ない分、認知も薄く
何がどう辛いのかさえ、余り知られていないようなので
仕方なく自分でブログを始めたという次第です。

僕の唇は肺につながっていないので、
タバコを吸うことは物理的に出来ませんが
こうならないためにも、タバコは止めた方がいいですね。
禁煙推進、頑張ってください。
  1. 2008/12/08(月) 21:23:13 |
  2. URL |
  3. 癌ダム4D #-
  4. [ 編集 ]

ブログランキングから来たカスタムです

はじめましてこんにちは、
私も禁煙成功者です。
2003年に禁煙に踏み切りました。
今も順調に禁煙し、実質的な非喫煙者です。

禁煙のブログを立ち上げました。
私の経験談と苦労と記載しております。
参考になるかは別として、機会あったらみてくださいね。

あと相互リンクもお願いできれば幸いです。
私のほうが設定いたしますね。
以上です、よろしくお願いします。
  1. 2008/12/09(火) 10:23:16 |
  2. URL |
  3. カスタム #NO/HaNQ2
  4. [ 編集 ]

わーい

先週は仕事が忙しくてなかなか更新できず遅れました、ごめんなさい。
よろしくおねがいします。

リンクはこちらも週末に整理しておきますね。
やっぱり禁煙は人生のドラマですね。
  1. 2008/12/11(木) 10:29:59 |
  2. URL |
  3. smokefree #-
  4. [ 編集 ]

タバコは非常に素晴らしいものです 人生を非常に豊かにしてくれます 思考力が非常に深くなります
  1. 2010/10/20(水) 23:59:07 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバック URL
http://smokefree2008.blog49.fc2.com/tb.php/34-3a7eb31b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。