スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

禁煙補助薬「ニコチンパッチ」 石垣市が小学生にも無料処方

8月7日20時15分配信 J-CASTニュース

沖縄県石垣市は、市内の小、中、高校生の喫煙者に対し、禁煙補助薬の「ニコチンパッチ」を無料で処方する取り組みを2008年8月6日から始めた。子供達をニコチン依存症から救出、未成年の喫煙者を減らす目的だが、小学生にまで「ニコチンパッチ」を提供することに対し、「本来は親の躾の問題」などと疑問視する声も出ている。

■若者はニコチン依存症なりやすく早めの処置が必要
この取り組みは、石垣市健康福祉センターと八重山福祉保健所が、奈良女子大学の高橋裕子教授の協力を得て実施したもの。市内の小、中、高校生の喫煙者は、 2つのいずれかの施設で禁煙のためのカウンセリングを受ければ「ニコチンパッチ」が無料で支給される。親や教師の付き添いが基本だが、一人で訪れてもプライバシー保護のため学校や家庭には知らせない。同市の資料によれば、03年に調査した高校生の喫煙率は男子生徒が31.1%。女子生徒は13.6%。小、中学生で喫煙問題が起こったのは、07年度は個人、集団を含め小学生が3件、中学生が59件だった。


奈良女子大学の高橋裕子教授は「禁煙マラソン」や「禁煙外来」で著名な先生でもあるし、
処方に関してはカウンセリングを前提とした「ニコチン依存症治療の王道」なので、
(製薬会社がどうのとかいう問題はありますが)それほどな無謀な取り組みでも無いような気がします。

・・・成人には既に禁煙外来もありますが、未成年者はそもそも法的にアウトだし
保険も適用されないから何かしらの救済の仕組みは必要だと思います。
吸わせない事と禁煙への意思は親の躾が大だと思いますが、
依存症の治療は広く一般の素人には難しいと思いますよ。

コメントを入れている花岡氏は政治の人みたいなので、本件とは関係ないと思います。

それでもなお「親の躾の問題」と思うなら、

禁煙外来のこどもたち
http://smokefree2008.blog49.fc2.com/blog-entry-28.html


を読んでみると良いかと思います。
おそらく、この本に書かれていることが、本来の主旨だと思われます。

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. 2008/08/08(金) 18:28:59|
  2. ニュース・プロモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

<<ニコチネルパッチのCM | ホーム | 禁煙外来 再診2>>

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバック URL
http://smokefree2008.blog49.fc2.com/tb.php/10-316fa643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。