スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

禁煙1年~1年半目あたりの禁煙のコツ(?)

経過時間 1年 0月 23日 0時間 36分
吸わなかった本数 13580本 (679箱0本)
浮いた煙草代 217280円
延びた寿命 51日と20時間50分

・・・そろそろ禁煙も1年と1ヶ月というところなのですが、

1年たっても、
1年たっても、
まだまだタバコを吸いたいと、
思うときがあります!



街には自動販売機もありますし、喫煙所もありますから、
吸ってる人を見れば、自分が吸っていた頃を思い出しますし、
国道沿いの狭い歩道で、前を歩く人の歩きタバコの煙を吸ったりもします。

タバコの煙も、状況によって(空気の混ざり具合によって)は、
それほど不快と感じないときもありますから。。。


そんなときにどうするかというと、、、別にどうもしないんです。

10秒もすればそんな気分も消えますから、
そのわずかの間にタバコを買って火をつけて吸うことは不可能です。
よって、結果的に、吸わずにすんでいるという。


でも本当に時々ですが、10秒以上タバコのことを考えてしまう時があります。
それはどういう時かというと、

・たばこのことを考えて(本やブログなどで)いるとき
・タバコを吸っている人が近くにいるとき、タバコが近くにあるとき。
・昔のことを思い出す時間をすごしているとき。
・超*680000、暇なとき。

そういう時は吸いたい気分が盛り上がってくる感じがするので、
意識的、論理的にこれを何とかする方法を実行しています。

その吸いたい気持ちを何とかする方法、それは、
「タバコを吸ったらどうなるかを真剣に想像してみる」
ことを実践しています。


具体的には何を想像しているのかというと、、、


禁煙して1年もたつと、体も軽く至って健康ですから、
なかなか不健康になった自分を想像する(思い出す)のは難しいです。
したがって「タバコを吸ったら不健康になる」という想像はNGです。

タバコをやめて小銭どころか札もけっこうありますから、
「タバコを吸ったら貧乏になる」という想像も実感しにくいのでNGです。


最終的に一番ベストな想像イメージは、これです。



え?画像は間違えていません。



これはちょっと上級者向けメイドでしたね。
要するにミニスカ(絶対領域)です。(汁

ミニスカ、それはすなわち、
ぱんつが見えてしまったら、
なんだよそれっ、て感じじゃないですか!!


たばこもミニスカと同じそれ、
吸ってしまったらなんだよそれって感じですよ。
そうこう萌えてると自然に、タバコを吸う事があほらしく感じてきます。


見えちゃ(吸っちゃ)駄目なんですよ、ミニスカ禁煙法。
たぶんこの手法で禁煙2年まではいけるでしょう、たぶん(実践中)。


上級者はロンスカ禁煙法(短い靴下)も有効。
スポンサーサイト

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. 2009/07/24(金) 02:17:21|
  2. 禁煙日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

タバコ狩り


タバコ狩り


著者: 室井尚
出版社: 平凡社
ISBN 9784582854688
発売日:2009-06-01
新書 
714 円


ワイネフさんのブログ「室井尚『タバコ狩り』に、がっかり…」で
かなり詳細に酷評されていますので、内容の議論論議については
そちらの方面でひとつお願いしたいと思います・・・

私にとっては「 「タバコは百害あって一利なし」のウソ 」以来の、
久しぶりの喫煙擁護本だったので非常に期待していたのですが、
書かれていることはこれまでの一連の喫煙擁護の論法と大差なく、
自由と権利にもとづく反嫌煙という立場を基本とした内容です。
また全体を通じて「たばこは嗜好品」を貫いているのも特徴です。

嫌煙の親玉をWHOと定義したところは今風でよかったのですが、
理論によって理論を論破していくような、そういうややこしい話ばかりです。

ほとんどパラパラ斜め読み


大学でものを教えるようなインテリにたばこについて語らせると、
どうしてこうも物事の本質をうまい具合に外してくるのか、
本当に毎回理解に苦しみます。


P.180 「タバコを愛し、健康には十分に留意しながら、
その習慣を自己責任で続けていくことを願う私たちは、これからも、
嫌いな人の迷惑にはならないようにして、タバコを吸い続けていきましょう。」

とあります。
こういう事を言ったりやったりされるのが非喫煙者には迷惑なのですが、
やっぱりそれが「迷惑なことに該当するとは思っていない」ようです。


この本の一番よくないと感じたところ、それは、
諸所の話や問題がすべて他人のせいになっていて、
著者がちっともこの問題にまともに向き合っていないところ。

願ったり考えたりするのは勝手にしていて構わないと思いますが、
「本気でこの問題を解決したいと思わないならよけいなこと言うな」
と言いたくなる内容でした。
その肝心の内容はほとんど覚えていませんが・・・


「文化や価値観などどうでもいい。私は、私の愛する人と、
私の子供たちを守りたい。」

この想いに正面からぶつかってこれる考え方でなくては、
喫煙擁護論も今やなかなか、人の心に届きにくいのではないでしょうか。
[タバコ狩り]の続きを読む
応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. 2009/07/23(木) 00:48:04|
  2. タバコと禁煙の本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

離煙ガイドブック



離煙ガイドブック

腐れ縁と化したタバコとの上手な別れ方

著者: 額賀匡史
出版社: 幻冬舎メディアコンサルティング
ISBN 9784344996717

発売日:2009-03-01
単行本 
1500 円


今年3月発売の比較的新しい本です。
離煙パイプ3本つき

以前、
NPO法人離煙協会と株式会社マジカルに愛はあるのか
の記事で書いた、
株式会社マジカル 代表取締役の額賀匡史氏による離煙ガイド。

・・・出版社は幻冬舎。
この出版社はよくよくこういう商業的な本が好きだよね。


開いてびっくり、縦書きなんですけど、すごい行間が広い (汗
これは「禁煙セラピー」と同サイズの、もっと小さい文庫で
丁度いい文字で、30分もあれば読み終わる手軽さ。

内容はともかくデータ量としては、
ちょっとこれで1500円はないんじゃないかと。
(おまけのパイプも3本しかついてないし。)


前半の半分は、「いわゆる禁煙セラピー」の簡易版というか、
最近の禁煙メソッドのトレンドを踏襲してさっとまとめた感じで、
特に「離煙」との関連性は薄いものです。
すでにこれら禁煙メソッドの類を一度でも目にした事があれば、
それらの情報類を単にリライトしたものとすぐわかるはずです。


後半からようやく「離煙」と「離煙パイプ」を用いたメソッドがでてきます。

まず、禁煙メソッドとして、「禁煙パッチ&ガム」、「電子タバコ」、そして、
「経口禁煙補助薬(チャンピックス)」の3つをとりあげ、
それぞれの問題点を提示しています。

これら3つのやり方には問題・課題があるので、
「離煙パイプ」のほうが優れた禁煙メソッドである。

という論法になっています。
「離煙パイプ」が持つ課題や問題点も色々あると思うのですが、
離煙パイプのいくつかのルール以外は、あまり触れていません。


ただここの章の論理はちょっと問題があって、、、

P.90 「ニコチンパッチやニコチンガムを使用した場合の、
1年後の禁煙成功率を調べてみると知名度のわりに、
あまり高くないのが現実のようです。」
という記述は、何の数字をもってあまり高くないと述べているのか、
まったく論理的に説明できておらず、問題が残る表現です。

電子タバコは「そもそも禁煙グッズではない」代物ですので、
そもそも引き合いに出すほうがおかしいんですが、
商売敵という見方をすれば、ここで出てくるのは納得できます。

チャンピックスに関する記述はちょっとひどいです。
新薬だからリスクがある、という事が書きたいのでしょうが、
具体的な数字や根拠なしに、「副作用が報告されているから、
現時点でこの薬を使用するのは早計」という論理は、
近所のおばさんの井戸端会議よりも知的レベルが低いものです。

その他の禁煙メソッド、特に禁煙外来について全く触れていないのは
(私は別にかまわないと思いますが)、より多くの禁煙の可能性を
提供しようとしている立場の人には物足りないものと映るかもしれません。


それにしても、P.110 「納得!離煙パイプが評判の理由」
という章があるのですが、
離煙パイプが評判だったなんて、
ちっとも知りませんでしたよ!



・・・いろいろと突っ込みどころ満載の本でしたが(笑)
「離煙パイプ」(とセット)販売の強力な商材のひとつであることに
間違いはないと思います。
離煙パイプのメソッドや機能がどうのということは、
読者や利用者が判断すればよいことだと思いますが、、、

私自身は、
これだけは、ここに言いたい、
言いたくて仕方がないので、
書いておきます。

こういう商売は大嫌い

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. 2009/07/20(月) 00:06:29|
  2. タバコと禁煙の本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホーム   次のページ »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。