スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

禁煙バトルロワイヤル



禁煙バトルロワイヤル
集英社新書

著者: 太田光 /奥仲哲弥
出版社: 集英社
サイズ: 新書
ページ数: 189p
発行年月: 2008年10月
ISBN:9784087204636
本体価格 680円 (税込 714 円) 送料別

おなじみのお笑い芸人、爆笑問題の大田光氏と、
呼吸器外科(専門は肺がんの外科治療・レーザー治療)の奥仲先生による対談。

・・・本の説明には、

「煙派、禁煙派の両代表による究極バトルのゴングは鳴った!
果たして奥仲医師は太田に禁煙させることができるのか?
タバコをやめたい人も、やめたくない人も、
タバコを吸わない人も絶対読みたくなる大激論 」

なんて書いてあったんで、「なんだ、また芸能人のネタ本か」
なんて思ってあまり期待していなかったんですけど・・・

中身はぜんぜん違います。っていうか、
出版社はいいかげんこういう、電車の中刷り風帯にするのはたいがいにしてくれと。
大激論はしてないですし、奥仲先生も本気で禁煙させようとはしていません。
(本当は禁煙させたかったのかもしれませんが・・・)


まぁ、そんなことはどうでもよくて、・・・非常に良書(対談)だと思います。
(でもアマゾンのレビューはちょっと思わしくないようですが。)

「1日5本程度の喫煙なら健康へのリスクはほとんど無いし、
十分な健康診断でがんを早期治療していけばいい」
という発言に代表される奥仲先生のスタンスはちょっと微妙で、
どうしても思いや熱意が先行してしまって、
言葉や表現、理論がついていけてないような気もします。

この対談のあとがきで、そんな奥仲先生の態度を見透かしている
この大田氏の観察が非常に的確
で恐れ入りました。

> 「最近の兼煙運動に疑問をおぼえつつ、かといってタバコの
> 人体に与える害を知ってしまった以上、これを黙って傍観するのは、
> 医者として卑怯である。なんとかしてヒステリックにならずに、
> 冷静に本気で禁煙を勧められないだろうか。戸惑いつつ、模索しながら、
> 私に話をされた奥仲先生の態度からは、そんな”本物の思い”が伝わってきて、
> とても共感した」

一方の太田氏の「別に俺は平気」的な態度を押し切る潔さと、
「話は大きく展開してみるものの、結局たばこは人生においてそれほど
たいした問題じゃない」というある種の問題意識の低さも、
もしかしたら禁煙への取り組みに対する非常にいいヒントを、
本書の中で与えてくれているのではないかと思います。


対談はタバコの害からはじまり、文化、快楽、アメリカと日本、
利害関係、がんの治療から子供たちへの教育と、健康の幸福論など、
いまのタバコを取り巻く話題をひととおり話してみた、という感じの本です。

別に、熱心に禁煙を勧めているわけではなく、
かといって、タバコがいいものだなんてまったく言っていない、
そんな対談ですから、結論とか実用的とかいう事はあまり無いとか思います。


でも、面白い本です。不思議。

なぜ面白いと思ったのか、
答えも実は、奥仲氏のあとがきに書いてありました。

> この対談を行う前に、私が師と仰ぐ方に対談の内容について相談したところ、
> 以下のコメントをいただいた。
> 「タバコと聞いて読者が関心(共感)をよせるのは、タバコを吸う『人間』であって、
> 『知』(タバコの知識)は二の次である。太田さんが人間を語り、
> 奥仲君が知識を語るという図式では面白い本はつくれない。」


私が本当に興味があること、それはタバコの知識などではなく、

「タバコを吸う人間と、タバコを吸わない人間と、
タバコをこの世に見出し世に広めたこの世界の人間に興味があるのだ」

ということを認識した一冊でした。


・・・対談時間は10時間だそうです。
スポンサーサイト

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. 2009/04/22(水) 00:27:23|
  2. タバコと禁煙の本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界禁煙デー(5月31日)今年のテーマ



世界禁煙デー 2009年5月31日(訳)
テーマ:タバコの健康警告表示
http://www.nosmoke55.jp/wntd2009.html


(WHOの原文はこちら)
THEME: TOBACCO HEALTH WARNINGS
http://www.who.int/tobacco/wntd/2009/en/index.html




パッケージのイメージの訴求力を減らす対策を実行する各国の要請に応えて、2009年世界禁煙デーのキャンペーンでは、次のメッセージを重点的に広めることにしました:
タバコのパッケージの健康警告を文字と画像の両方で表示することは、タバコ使用がもたらす深刻な健康被害を多くの人々に知らせタバコ使用を減らすうえで、きわめて費用効果の大きな対策です。



2009年度の世界禁煙デーのテーマは、
「タバコの健康警告表示」
~すべてのタバコパッケージに画像による健康警告表示を義務付けること~

実は別のところでちょうど、タバコの警告表示についてコメントを頂いていたので、
非常に私的にタイムリーだっりしてます(笑)。

子供が見たら泣いちゃうかもしれませんね。
でも、泣いて済むなら泣いててもらったほうがいいんです。
大切な人を失う本当の悲しみに比べれば、
怖くて泣くのなんて、う○こ以下です。


WHOのポスター(英語)の表題が印象的です(このポスター重いので注意):

Show the truth.
Picture warnings save lives.



・・・真実から目をそむけてはいけないのです。


ちなみに日本禁煙学会のページに「世界禁煙デー2009イベント一覧」があります。
秋葉原では例の知事とかの講演もあるみたいよ。

【東京:厚生労働省】
2009世界禁煙デーシンポジウム
日時 2009年5月31日 13:00~17:00
場所 アキバホール(千代田区神田連塀町3富士ソフト秋葉原ビル5F)
演者 尾身茂、松沢成文、中西哲生、門村幸夜、望月友美子

厚生労働省 タバコと健康に関する情報ページ
(2009年の情報はまだ出てないけどたぶんここに出てくるはず)
http://www.mhlw.go.jp/topics/tobacco/kin-en/index.html


応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. 2009/04/17(金) 02:24:56|
  2. ニュース・プロモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タバコを吸える事に感謝し、吸えない事に感謝する

私もあと2ヶ月ちょっとで禁煙から1年が経過します。

1年経過で特別に何かするつもりはありませんが、
禁煙外来に通った経緯がありますので、お世話になった先生に、
何かご報告したほうがいいかもしれない、と思いました。
物を贈るつもりはないですが、感謝の気持ちは伝えたいと思っています。


最近はたばこの依存性についてよく知られ、昔ほどは言われなくなりましたが、
やはり日本人の心の奥のには、

「たばこを吸うのも吸わないのも、最後は自己責任」

と確かに思っているフシがあります。

日本の禁煙指導が遅々としているのも、このあたりの根深い思考的習慣が
残っているのも、ある一因になっているような気がします。


だから、
「たばこを吸うときも、やめるときも、感謝が足りない」
と、私自身、すごく反省しました。

日本人はご飯をいただくときはちゃんと「いただきます」といいますでしょう。
生きるため、生かされるため、すべてのことがらに感謝する、謙虚な心と教育が、
日本には確かにあったはずです。


たばこを「いただきます」となぜ言わないのか

一時の快楽のために国民の生産力をただの灰と化し、
人が見ていなければそこいらに捨て、
金(税金を含む)を払っているのだから吸うのは当然だと、

そこにはいただきますの概念すらまったく見ることができません。

たばこを作る人がいて、喫煙所を占有し、禁煙に導いてくれる人や社会もあれば、
大切な人を苦しめ続けている人もいる。
たばこを吸うこと、吸えること、やめること、やめられることのすべては、
あなた一人だけでできることでは決してないはずなのです。
それが、「いただきます」の精神なのではないでしょうか。


そのことと、先に述べた自己責任と、どういう関連があるのかといえば、
「たばこは自己責任だけでは吸えないし、やめることができない」
ということを、少しだけでも意識すべきなのだと思うのです。

タバコが吸えるのは、あなたのおかげ、
タバコをやめられたのは、あなたのおかげ、

と素直に言えるようになるのではないか、と思ったのです。
日々感謝し、感謝されるよう精進したいと思います。

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. 2009/04/10(金) 18:10:18|
  2. 禁煙は愛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ホーム   次のページ »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。