スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私がインターネット禁煙マラソンに参加しなかった理由

インターネットで禁煙する、「インターネット禁煙マラソン」をご存知でしょうか。

高橋裕子先生の主催する、インターネットのメールを利用した禁煙法です。
昔はどうだったかわかりませんが、基本的に有料です。
最大の特徴は、禁煙マラソンは大勢のボランティア(元参加者・医療関係者)によって
支えられている点です。

すなわち、「皆でがんばって禁煙しよう!サポートしよう!」という取り組みです。
そして毎年、卒煙者と数々のドラマも生まれています。



私がまだ本当に禁煙の意思に目覚めていないころ、私はこの取り組みを知りました。
そして心から「バカじゃないの」と思いました。
もともと女子バスケット部のような、みんながんばろう活動が大嫌いだったせいもあります。

まず第一に「基本的に有料」です。
「おい、辛いのはこっちなのに金取るのかよ!」

そして、「これほどがんばっても」禁煙成功率はだいたい半分くらいです。
禁煙マラソンについて「禁煙マラソンによる禁煙の成果」より)
「なんだよ、普通に禁煙するのと変わらないじゃんか」

そしてもうひとつ、見ず知らずの連中から励ましのメールが大量に届くのです。
吸ってしまいそうになったとき、くじけそうになったとき、
ともにスタートした仲間や、先輩や、お医者さん方が、語りかけてくれるのです。
「知らないやつからイロイロ言われたら、非常にうざい」

正直なところ程度の差こそあれ、禁煙している今でも、この気持ちはあまり変わっていません。
はじめるまでの手順・内容のわかりにくさや、
基本的に有料プログラムしか用意されていないのも納得いきません。
だいたいサイトに「ネチケット」とかいう単語がまだ使われているのは万死に値します。
正直言って、まじめにやる気あんのかと思ったほどです。

そして全国の禁煙外来が保険適用で受診できるようになったいま、
インターネット禁煙マラソンはもう、次のステップへと移行するべきなのでしょう。
というか、「インターネット禁煙マラソン」はそういう期待を受けているはずなのに、
昔と同じことをずっとやっているところは非常にイライラします。

関係者の方やインターネット禁煙マラソンに参加された方がこれを読まれたら
非常に不快な思いをされるかもしれませんが、私がインターネットを彷徨った限り、
「禁煙マラソンの取り組みはすばらしい」という意見はあっても、
「禁煙マラソンの取り組みは駄目だ」という意見を目にすることは、
喫煙者からも、非喫煙者からも見ることができなかったので、
ここにひとつ残しておこうと思いました。

私は、高橋先生のこの言葉、
禁煙は、スポーツにたとえるとマラソンです。
これは間違っていると思うし、これでは喫煙者は救えないと思います。
間違いを承知でおっしゃってるのであれば別ですが・・・
スポンサーサイト

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. 2008/11/24(月) 02:01:23|
  2. 禁煙日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。