スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

笑って禁煙できる本


笑って禁煙できる本

著者: ワイネフ
出版社: 白夜書房
サイズ: 単行本
ページ数: 183p
発行年月: 2007年04月
ISBN:9784861912597

イラストだけ見て期待して買ってしまって・・・
通販で買って、入荷待ちで結構待たされたて・・・
絵柄が好きで買った漫画が、つまんなかった時と同じ・・・
正直、これは失敗・・・

本の中で著者が書いてますが、基本的にアレン・カー著の「禁煙セラピー」です。
本人が「禁煙セラピー」で学んで実践したこと(?)をわかりやすくまとめなおして、個人的な解釈を加えたワイネフ版「禁煙セラピー」です。表紙のような素敵なイラストは、あんまりでてこないんです。がっかり。

アレン氏の「禁煙セラピー」が正統派でちょっとお堅いというか、禁煙するぞ的でちょっと敷居が高そうに感じるのにたいして、こちらはある意味で「騙されて読んだら禁煙する気になっちゃったョ!」みたいな効果は多少期待できるかもしれません。(というかそういうコンセプトの本だと思って、もっと飛んでる内容を期待したのがそもそも間違いだったのですが・・・)
禁煙について書いてある内容は、アレン氏の「禁煙セラピー」やその他禁煙本と大差ないのであしからず。表現や解釈は著者独特のものがありますが、ちょっと高いところから説教をたれるような雰囲気は好みが分かれるところでしょう。

アレン氏の「禁煙セラピー」を読んだことのある人にはいまいち使い道の無い本かもしれません。純粋に書籍としての完成度はイマイチですが、「アレン氏の禁煙セラピーを読んだことの無い人に薦める禁煙の本」というシーンでは、今風のセンスとイラストで活躍しそうです。

・・・残念ながら私にはちょっと遅すぎた本でした。

ワイネフさんのブログ http://ameblo.jp/winef

「人類の歴史の中で、タバコのメリットとデメリットでは、残念ながら、メリットの方が上回っている」という類の著者の見解が、ビートルズなどの文化的側面を例に本書のうしろのほうで述べられています。
ここ、すごく気になりました。
著者はまだタバコマジックから完全に脱却できていないのでは?
と余計な心配をしてしまいました。

念のため、ここで洗脳をといておきたいと思います。

アインシュタインがタバコを吸っていなかったら、いまごろ人類は宇宙の真理を理解できていたかもしれません。

オバマ氏はまだ禁煙できていないようですが、彼が大統領になれたのはタバコのせいではないです。

このように、禁煙目的以外でタバコのメリットやデメリットの大小を比較して論じるのは、議論好きの暇つぶし以外に意味が無い事は明白だと思われます。
次版ではこのあたりを少し改訂してみると良いのではないでしょうか。
スポンサーサイト

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. 2009/01/22(木) 22:00:00|
  2. タバコと禁煙の本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イギリス式「完全禁煙プログラム」


イギリス式「完全禁煙プログラム」

著者: ジリアン・ライリー /藤田真利子
出版社: 講談社
サイズ: 新書
ページ数: 188p
発行年月: 2008年10月
『イギリス式これで絶対禁煙セラピー』加筆・再編集・改題書
ISBN:9784062725347

タイトルだけ読むと、イギリス式ってどういうこと?と思わせぶりなタイトルですが、どうやら著者のジリアン・ライリー氏がイギリス人で、イギリスでベストセラーになった本であるからこのタイトルのようです。
別にイギリス王室御用達とかそういうわけではなさそうですのであしからず・・・

日本での発行は2008年ですが、初版は1992年ですので、日本においては古くて新しい本です。
『イギリス式これで絶対禁煙セラピー』という題名を改定している経緯からもわかるように、本の構成や対象の読者も、アレン・カー著の「禁煙セラピー」とほぼ同等の構成と思って間違いないでしょう。
しかし、アレン・カー著の「禁煙セラピー」とは決定的に異なる部分があります。
それは、

・方法論が新しいこと
・長期的な禁煙に対して効果をあげている(らしい)こと
・論理的で科学的であること
・禁煙に対して一定の「努力」を要求すること
・やや「難しい」こと

アレン・カー氏の「禁煙セラピー」が商業的に成功しているのに比べると、日本ではとってもマイナーな扱いを受けているように思えますが、私はこの本に出会って本当に良かったと思っています。そして「やはりそういうことなのだろう」と、自分の禁煙に対する考え方や取り組み方に、ある一定の確信を与えてくれた本でもあります。

このプログラムは非常に重要なことを喫煙者に伝えます。それは、

・「禁煙をしても決して非喫煙者には戻れない」ということ。
・「禁煙に成功しても、たばこを吸いたいという気持ちは無くならない」ということ。
・「タバコを吸うことと吸わないことは、個人の自由」だということ。

私がずっと懸念に感じていたことのひとつに、
「たばこを吸いたい、という欲求と死ぬまで付き合っていかなければいけないのだろうか?」
ということがあります。この本はこの問いにはっきりと「Yes」と答えています。
禁煙を始めて間もない人や、禁煙したいと思っている人は絶望的な気分にすらなるかもしれません。しかし、考え方を変えれば、このような問題や心配は意味の無いことだとはっきりとわかるのです。

そして、「一生、また再び喫煙者に戻ってしまう危険に怯えなくてはいけないのだろうか?」という懸念もあります。この問いにもはっきりと「Yes」と答えています。
そして、こう付け加えています。
最初のうちは、禁煙し続けるというのは崖っぷちを歩いているようなものです。一歩でもまちがえば、踏み外してしまう。崖が存在していないふりなどしないで、崖沿いに歩く歩き方を覚えましょう。

このプログラムの最大の特徴は、こういう不安や欲求を、単に逃げたり、忘れたり、ガマンしたりする(「抑圧する」と表現しています)のではなく、「たばこを吸いたいという欲求に対して正面から向き合い、訓練を繰り返す」方法を採用しています。
そして時々、
「わざと喫煙欲求を自ら起して訓練する」
ことさえ推奨しています。
禁煙中にわざとタバコの事を思い出してみたりるするなんて、ちょっとマゾっぽい感じもしますが、その効果と理論も丁寧に解説されています。この理論については理解に十分な時間と努力が必要なため、アレン・カー氏の「禁煙セラピー」よりも「やや実践に至る過程が難解な印象を受ける」可能性はあると思いますが、この本は「自ら努力しなければ禁煙は成功しない」と言っています。すなわち、
「読むだけでやめられる方法なんてものは、長期の禁煙には効果が薄い」
と遠まわしに言っているのです。実は私も同感です。

私自身がおおよそこの本の考え方で、現在までの半年間禁煙が続いています。
本書に出会ったのはつい最近ですのでこの本に従って禁煙を実践してきたわけではありませんが、禁煙の方法を色々と模索してきた結果、この本に書かれている理論と概ね一致する方法と結論を伴って現在に至っております。

長期的な禁煙に不安がある人には、ぜひ一読をオススメします。
本書の最後の言葉が印象的でしたのでここに引用しておきます。

禁煙は、依存におちいった頭を再訓練していくプロセスなのです。
それには時間がかかり、努力も必要です。しかし、必ず成功できます。
 ~ 中略 ~
過去をやり直すことはできません。けれども、現在をコントロールすることはできます。そして、自分の未来を決めることも、あなたならできるはずです。



応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. 2009/01/17(土) 01:32:42|
  2. タバコと禁煙の本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

禁煙セラピー



禁煙セラピー

著者: アレン・カー /阪本章子
出版社: ロングセラーズ
サイズ: 新書
ページ数: 219p
発行年月: 1996年06月

読むだけでタバコがやめられる!」という有名な本です。
現在の禁煙法のベース&スタンダードともいうべき本かと思います。
・・・が、禁煙方法は現在はもっと洗練されてきていますので、
ちょっと時代遅れの感は否めません。

「禁煙補助薬などは絶対使わない」
「タバコを吸いながら本書を読みなさい」
・・・など、禁煙方法にちょっと頑固な一面も覗かせます。

実際問題、「本を読むだけで」やめられるかどうかは・・・
おそらく人によりけり、だと思いますが、禁煙外来やその他禁煙法と組み合わせると
効果倍増になることは間違いないと思います。
また、基本的な「禁煙に臨む姿勢」を整えるには非常によい教科書になります。

中盤以降は少し色々と詰め込みすぎて、一気に読むと論点がぶれる感じがします。
この本は禁煙中にいつもそばにおいて、繰り返し、繰り返し読むことを期待されていますし、そのようにしないと(色々な事が書いてあるが故に)、一体何が問題で何を述べられていたのかすら、思い出すのが困難になってしまいます。

著者のアレン・カー氏は肺がんのため、2006年11月に亡くなっています。
彼の禁煙メソッドは現在も「禁煙セラピー」として非常に高い効果をあげているようです。

私は優秀な禁煙メソッドとそれを生み出した彼の人柄をたいへん尊敬していますが、
その後のビジネスに発展していく経緯とやり方にはあまり感心しませんし、
人の正義としては非常にグレーであるとも感じています。

喫煙も禁煙も、ビジネスであってはならないと思うのですが、どうでしょうか。
アレン・カー氏の想いが正しく後世に伝わることを、切望してやみません。

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. 2008/11/25(火) 00:02:13|
  2. タバコと禁煙の本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホーム   次のページ »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。