スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

禁煙ファシズムと断固戦う!


禁煙ファシズムと断固戦う!

著者: 小谷野敦
出版社: ベストセラーズ
サイズ: 新書
ページ数: 206p
発行年月: 2009年10月


10月9日発売の、小谷野氏の新刊だそうです。
前著「禁煙ファシズムと戦う」から一歩踏み込んだ闘争をかかれているようです。

ちなみに小谷野氏とワイネフ氏というこの業界(?)では著名なお二人が、
禁煙やらメイヨキソンやらで裁判沙汰になったり結審したりした経緯があり、
それらをふまえて、この本の発刊に至っているようです。
小谷野氏のブログはこちら。ずっと仲の悪いワイネフ氏のブログはこちら。)

んー、でも読んでないんですよね(w

ざっとアマゾンの「商品の説明」だけでおなかいっぱいなんです。

ネタでやるにしても、正直なところ面白くなくなってきてるので、
商業的にもどうなんでしょうか。
このあたりの情熱というかエネルギーには非常に感心させられますが、
なんというか、それ以上の感銘が沸かないのが素直な感想。


私は理系なせいか、文系のあいでんててぃ(というものかどうかは不明ですが)が
理解できていないんじゃないかと、思うこともあります、、、

今後、レビューとかで大絶賛とかされたら読もうとも思いますが、それまで保留・・・
スポンサーサイト

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. 2009/10/20(火) 02:28:10|
  2. タバコと禁煙の本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は留守番(超お天気)

一日ガキンチョもいないし、夕飯の買い物だけ済まして、
午前中は、ちょっと最近サボリ気味なサイトの整理をしてて、
偶然気づいたんですが、

某巨大掲示板でこのブログがちょっと引用されてたんですよ。

あぁ、某巨大掲示板に書かれるなんて、
もう思い残すことはないな・・・


なんて。

喫煙問題は日本的にはデリケートなアレなんで、
まぁ、ちょっと私的な意見を述べたり知ったような口を利くと、
コテンパンにされちゃいますからね。

そういう意味でこの業界(?)の著名人の方々はすごいなぁ、と思います。
(良いとか悪いとか、迷惑かどうかとかは別にしてですよ・・・あぁ、そうそう、
ワイネフ氏と小谷野氏の裁判終わったみたいですよ!「小谷野敦さん全面敗訴」)



・・・某掲示板で引用されていたのは「タバコと禁煙の本」のとこで、
論点は喫煙経験がある・ないということについてだったみたいですが。


某巨大掲示板の発言の一部引用
> 「喫煙経験の無い人との決定的な違い」とか
> 「過去に喫煙経験が有れば一生涯吸いたい欲求は弱いながらも無くならない」
> などと書くのは大間違い

喫煙経験っていうのも意外に曖昧で難しい表現だと思います。
ニコチン入れたり出したりする行為が喫煙経験かっていうとアレですし。

「喫煙者=タバコ依存者」って定義は一部では暗黙の定義だったりしてますけど、
当然、依存していない人もいますし、面倒だからみなしで話を進める人もいますし。
1本吸ったら喫煙者か、じゃあ2本はどうだ、一箱か、1ヶ月か、みたいな。

なんかもぅ、すぐけんかになっちゃうのよ
こういうところもなんか宗教っぽいような。


私個人はあまり議論が得意でもないので、そういう面倒な話に煩わされるより、
もっと他にいいことがあるんじゃないかと思って禁煙したのも、ひとつの事実です。

喫煙経験があったりなかったり、喫煙欲求が一生残ったり残らなかったり、
そういうところで済むなら人生はそう悪くないんでしょうけど、

喫煙で人生(の大半)を失ったり失わなかったり、
悲しみ(や後悔)を一生残したり残さなかったりするのは、
ちょっとどうなのよって気はするんです。

毎日300円払って・・・

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. 2009/09/20(日) 12:41:44|
  2. 禁煙日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

笑って禁煙できる本


笑って禁煙できる本

著者: ワイネフ
出版社: 白夜書房
サイズ: 単行本
ページ数: 183p
発行年月: 2007年04月
ISBN:9784861912597

イラストだけ見て期待して買ってしまって・・・
通販で買って、入荷待ちで結構待たされたて・・・
絵柄が好きで買った漫画が、つまんなかった時と同じ・・・
正直、これは失敗・・・

本の中で著者が書いてますが、基本的にアレン・カー著の「禁煙セラピー」です。
本人が「禁煙セラピー」で学んで実践したこと(?)をわかりやすくまとめなおして、個人的な解釈を加えたワイネフ版「禁煙セラピー」です。表紙のような素敵なイラストは、あんまりでてこないんです。がっかり。

アレン氏の「禁煙セラピー」が正統派でちょっとお堅いというか、禁煙するぞ的でちょっと敷居が高そうに感じるのにたいして、こちらはある意味で「騙されて読んだら禁煙する気になっちゃったョ!」みたいな効果は多少期待できるかもしれません。(というかそういうコンセプトの本だと思って、もっと飛んでる内容を期待したのがそもそも間違いだったのですが・・・)
禁煙について書いてある内容は、アレン氏の「禁煙セラピー」やその他禁煙本と大差ないのであしからず。表現や解釈は著者独特のものがありますが、ちょっと高いところから説教をたれるような雰囲気は好みが分かれるところでしょう。

アレン氏の「禁煙セラピー」を読んだことのある人にはいまいち使い道の無い本かもしれません。純粋に書籍としての完成度はイマイチですが、「アレン氏の禁煙セラピーを読んだことの無い人に薦める禁煙の本」というシーンでは、今風のセンスとイラストで活躍しそうです。

・・・残念ながら私にはちょっと遅すぎた本でした。

ワイネフさんのブログ http://ameblo.jp/winef

「人類の歴史の中で、タバコのメリットとデメリットでは、残念ながら、メリットの方が上回っている」という類の著者の見解が、ビートルズなどの文化的側面を例に本書のうしろのほうで述べられています。
ここ、すごく気になりました。
著者はまだタバコマジックから完全に脱却できていないのでは?
と余計な心配をしてしまいました。

念のため、ここで洗脳をといておきたいと思います。

アインシュタインがタバコを吸っていなかったら、いまごろ人類は宇宙の真理を理解できていたかもしれません。

オバマ氏はまだ禁煙できていないようですが、彼が大統領になれたのはタバコのせいではないです。

このように、禁煙目的以外でタバコのメリットやデメリットの大小を比較して論じるのは、議論好きの暇つぶし以外に意味が無い事は明白だと思われます。
次版ではこのあたりを少し改訂してみると良いのではないでしょうか。

応援クリック
よろしこ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ

  1. 2009/01/22(木) 22:00:00|
  2. タバコと禁煙の本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。